一人の小さな手 一人の小さな一歩

dogspad.exblog.jp
ブログトップ

現実

記事が前後してしまって申しわけありません

先月、某センターより、黒ラブくんを出しました、
久しぶりに訪れたセンターは、お掃除ボランティアさんのおかげで、前に比べ、とても綺麗にされていました、

収容部屋
b0207376_15334566.jpg
b0207376_15352580.jpg
b0207376_15364667.jpg

子犬部屋は、ペットショップとなんら変わりない、
b0207376_15384096.jpg

この日は、まだ少ないほうかもしれない、
以前はもっと、、こんなだった、
b0207376_15394317.jpg


幼い命、、
飼えないのにどうして、生ませるのだろう、
どうして、そんなところにいるの?

b0207376_15423735.jpg

b0207376_1544457.jpg
b0207376_15452622.jpg

優しそうな顔の秋田犬が二匹、、
兄弟だろうか。
もうきっと、この世にはいないだろう、
ここは、最終部屋だから・・・・

次の日には、最終部屋のドアが動き、強制的に、長い廊下を歩かされ、
処分機へ放り込まれる.
それまで、吠えていた犬たちも最後の扉が閉まると、一斉に死を覚悟したかのように、泣き止むそうだ、

どうして?
こんなところで最後を迎えるために生まれてきたんじゃない
どうして、最後まで飼えないのに、中途半端に優しくしたの?
どうして、どうせ捨てるのに、ご飯をくれたりしたの?

ゆっくりと、一酸化炭素の濃度があげられる、
苦しみながら、命のともし火がまたしても、人間の勝手な都合で消されていく

体が温かいうちは生きているということ
ドクンドクンと心臓が動いているうちは、生きたいという証

人を殺せば、犯罪になるのに、動物を捨てても、たった数千円を払えば、それで許されちゃうの?

今日も
明日も
また尊い命が、失われていく、

命について、人間も動物も、なんの差もない
命の重さに差なんてない

最終部屋に入れられた子の気持ち、わかりますか?
苦しみながら、処分機の中で命を落とした子のキモチわかりますか?

尊い命が消された日も、また、明日はやってくる、
今日も飼い主によって、持ち込まれる、尊い命、、


L&Pでは、お預かりさんを大募集中です、
お預かりさんが増えれば、助かる命もまた、ひとつ増えます、
メンバーが、しっかりサポートいたします、
一頭でも多く救いたい、
まだまだ、小さな、微力な団体ですがどうぞご協力お願いいたします
[PR]
# by dogspad | 2010-10-21 16:00 | センターレポ

10月20日

小雨振る中、動物愛護センターに行ってきました、
飼い主持込の黒ラブくんがいると聞き、会いに行ってきました

ああ、またここへ来てしまった、、、、

消毒を済ませ、収容棟へ入ると、一斉に、吠えられます、
昨日は、ダックスの多い事、

流行が過ぎると、センターは、その犬種であふれかえります。
人間の都合で、増やされた、人気犬種のいく果てです

黒ラブくんは、月曜日に元飼い主の手によってこちらに持ち込まれました、
放棄理由は、気分にムラがある、噛まれた、などです

センターの人が、即日処分になりますが、と説得しても、もういらないと、置いていってしまいました。

飼い主いわく、16歳、、
16年も一緒に暮らしていて、どうしてそんなに、簡単に捨てられるのでしょう?

どうせ捨てるのなら、どうしてもっと、早くに捨ててくれないの?

黒ラブくんの、全てをあきらめたような、目が忘れられない、
b0207376_14564262.jpg


きっと、
きっと、
人間に優しくなんてしてもらったことないのでしょう。

期待など、16年間一度もてた事などないのでしょう。

体はガリがり、爪は伸び放題で、湾曲していました、

爪が伸びすぎて、痛くてなのか、足腰もフラフラ。

収容部屋のわずかな段差でさえ、お尻を押してあげないと、登れませんでした、

あごを見て、ん?と思ったので、口の中を見せてもらいました、
b0207376_1455345.jpg

歯は、ボロボロ、
歯茎は下がっていました、

安いフードしかもらったことないのでしょう。
お散歩もろくにつれていってもらったことないのでしょう。

噛まれて当たり前。
噛まれるようなこと、していませんか?
自分の身に覚えはありませんか?

なぜ、噛むのか、理解しようとしましたか?
噛む事がいけない事と、ちゃんと、教えましたか?

噛む事がいけないこと、とは、子供の時、あまがみするときに教える事です、
たとえそれが過ぎてしまったとしても、きちんと向き合ってあげた事はありますか?

頭の中をなぜ、なぜなぜが駆け巡る、
どうしてこんなに、なるまで放っておいたの?

16歳の年老いた体に、センターのコンクリートの床は冷たすぎる。
ただ、あたたかい、寝床と、美味しいご飯をあげたいだけなのに。

16年間、楽しい事はあった?
少しでも幸せと呼べる時期はあったの?

こんなところで、最後を迎えるために、生まれてきたんじゃない。

涙が枯れはてて、黄色い、目やにとなって、黒ラブくんのほほに、跡をのこす、
b0207376_1574050.jpg

こんなボロボロの歯で、どうやって噛むというの?

お菓子をあげてみた
ゆっくりゆっくり、細かく噛み砕いて食べる、
ボロボロ、自由のきかない歯の隙間から零れ落ちる、

なんともやりきれないキモチで、センターをあとにした、

こういう子は、死んだほうがいいのですか?
こちらのセンターでは、通報をうけ、捕獲した収容犬のうち、半分が返還になり、その半分と、飼い主の飼育放棄などで、持ち込まれた、犬を足した、半分を保護団体さんが、レスキュー

それでも、生き残れるかは、2分の1
ふたつにひとつです、

その数が多いのか少ないのかは、他と比べることは出来ないのですが、
ひとつだけいえること、

お預かりさんが、ひとり増えれば、助かる命がひとつ増えます、

もうひとつ、
これから、犬を家族として迎えようと、している人、お考え中の人
どうか、どうか
ペットショップ、ブリーダーという選択肢の中に、保護犬という選択肢を入れてください、
もっと、その犬種について、迎える前に、勉強してください、

動物は、いらなくなったからいって、捨てるわけにはいきません
最低15年は一緒にいる事を考えてください、
15年後あなたの愛犬が年老いたとき、最後まで、介護し、看取ることができますか?
[PR]
# by dogspad | 2010-10-21 15:11 | センターレポ

ライム5日目、家族と暮らす。

b0207376_227536.jpg
ライムぱっと見、普通なのですが、


立つと
b0207376_2282823.jpg

こんな感じなのです。

でもとても身軽なところもあり、階段などルンルン昇ったり、降りたりしています。
たまにジャンプしたり散歩で小走りしたりして、無邪気さも沢山持っています。

でもなかなかハウスから出ません。
追いで~とか、来い!とか声かけてもじ~っとしてます。
私が出かける時に、玄関までお見送りもなければ
帰ってきてもお出迎えもありません。

???
こういうのって初めてで、人と暮らすっていう自覚がないのかな~と思います。

全く自己主張もなく、何でも受身です。
先住犬の遊びの誘いもじ~~っとただうずくまっています。
爪切りも髭切りもただじ~~っとしています。
唸ったり、嫌がったり、抵抗する事もないのです。

でもマッサージやら耳そうじは大好きみたいです。
”はぅ、あぅ・・・ニコニコ”
って嬉しい声出しながら体を私に預け、ホントに気持ち良さそうにします。
b0207376_22213270.jpg
お散歩は大好きでてくてく喜んで歩きます。
珍しいって感じではなく、慣れている感じでもなく・・・。
外で排尿もしますが、家でもトイレでない所でしてしまいます。
尿結晶があったのでお薬で良くなるのを待ってますが、
トイレが近くなってしまうようです。

トイレの失敗をしても、今は怒る事をしていません。
怒られた事もないようですし、今は人との信頼関係と共同生活を勉強しています。
何より、ライムの顔を見ていたら誰だって怒れないと思います。

ライム、一つずつ、ゆっくり学んでいこうね。
[PR]
# by dogspad | 2010-10-20 22:34 | ライム

チョコラブ”ライム”より、こんにちは~♪

ラブピー第3号ライムちゃんの登場です。
b0207376_21514342.jpg
おととい、センターから引き出してシャンプーを3回してもらい、
昨日は病院で検査してきました。

血液検査異常なし、フィラリアマイナス、健康問題いう事なし、性格も優しく友好的でお墨付きです。
ただ、体重32,88キロとこれからダイエットに励んでいきます。
目標体重22キロと10キロ減めざしてライム頑張ろうね!

実はライム、繰り返し出産したと思われお腹が地面につきそうなぐらいダルダルです。
(チョコラブは珍しいからブリーダーが繁殖目的で飼っていて、
中年になって用がないと捨てられたのかも知れません。)
結構足も長いのに、体はまん丸、顔は小さく、尻尾も短くてタヌキのような体型です。
食への執着も全く無いのに、これでもかってぐらい太っています。
道を歩けば、皆がびっくりするほどです。

ご飯をあげればご飯よりも私の手をペロペロ舐めてきて、
きっと自分の子供にも優しくペロペロ舐めてたんだろうな・・・。
手作りフードはびっくりして口からだして、りんごも食べません。
カリカリドライフードをゆっくりゆっくり、まるでフランス料理でも食べてるのか、って言うぐらいゆっくり食べます。

こんな食の細い子をここまで太らせて・・・。

階段の上り降りも大丈夫、他の犬、小型犬、猫、全部問題ありません。
散歩もまっすぐ歩いて、力も強くありません。
何より性格が良くて、攻撃性ゼロ、執着心ゼロ、人を100パーセント信じています。


”私は知ってるよ・・・”
って目で人をまっすぐ見てきます。
”何を知ってるの?”
ってきいても、まだ応えてくれません。
でも何もかも知っているって顔でじーーーーーーーっと私や主人を見ています。

ちょっと落ち着いた年齢に来た犬は、(中高年の犬)
今までの色んな経験からか、とても人間の感性に近づくと思います。
眼と眼で色んな会話が出来ます。

犬と人間の種類を超えた会話が出来るのです。

ライム。
ここは、安心していい場所だよ。
ライムの優しい性格の良さがこれからの未来を保障しているよ。
まずはちょっとの間、宜しくね。
b0207376_21534457.jpg
[PR]
# by dogspad | 2010-10-17 17:36 | ライム

マーロウくん昨日より

希望者さんのお宅で、トライアルに入りました。
あまえっこのマーロウ、やんちゃなマーロウには、ピッタリのご家庭です、
マーロウがんばれよ~。

今朝、希望者さんから、メールをいただきました。
夕べは緊張したのか、就寝して20分くらいしたら、外に出たいと、行ったらしく、夜中優しいパパさんとママさんと、おうちの周りを散歩していただいたようです。

今朝は、ママの美味しい手作りご飯。
マーロウ改め、こころになりました。

おじいちゃん、おばあちゃん、パパ、ママと、こころの取り合いだそうです、
なんて幸せな子なの~、トライアルから、もう名前が決まっているなんて。

b0207376_16224188.jpg

こころが去って、我が家は、静けさを取り戻しつつあります、
やんちゃなこころ、わたしのストーカーだったこころ、
新しいパパ、ママの言う事よく聞いてね、お幸せに。
[PR]
# by dogspad | 2010-10-16 16:24 | マーロウ