一人の小さな手 一人の小さな一歩

dogspad.exblog.jp
ブログトップ

大型犬と暮らす

これは我が家のリビング
犯人は
b0207376_15101829.jpg

こちらのワンズ
b0207376_15134757.jpg

遊び疲れると可愛い寝顔
b0207376_15124645.jpg


シー太が我が家に来てから毎日繰り広げられる2つの遊び
毎日キレイにお掃除してゴミ1つ許さないお家には大型犬は向かないと思う。
抜け毛も気にしたらキリがない、臭いもある。
シー太と散歩をして引っ張られ転んでズボンを3本ダメにした。
こんなに可愛いシー太でも
b0207376_15114865.jpg

可愛いだけでは一緒に生活は出来ない。

私が初めて家族に迎えた犬はシベリアンハスキーだった。
20年以上前のハスキーが流行した時
犬の事など何も分らずペットショップで可愛いだけで決めてしまった。
半年くらいになり訓練所に3カ月預け躾けてもらったが、
訓練から帰って来てしばらくすると私の甘やかしから結局引っ張り犬に戻ってしまった。
躾が出来ていなかったのでドッグランで離す事も出来ず
もちろん旅行にも一緒に行けなかった。
年を取り歩けなくなり介護が必要となった。
紙おむつを嫌がりビリビリに破いてしまい排便の始末を叱りながら介護をしていた。


ハスキーだからではなく、
ラブラドールでもゴールデンでも同じ
きちんと躾が出来なければ犬も人間も楽しく暮せない。
特に大型犬は力だけでは思うように動かせない。
年を取って病気をすれば介護も大変。
医療費もかかる。
TVや映画の中の可愛いだけの思いでは犬と暮らせない。

でも自分の時間を愛情を注げば注ぐほど可愛くなる。
この世でこんなに私を信頼し愛してくれる男はこの子だけ。
と思えてしまう。
シー太はまだ私を試している所がある。
とても賢い子。


自分の思うようにならなくなったから捨てる。
病気になったからお金がかかるから捨てる。
引っ越すから捨てる。
犬と暮らす前によく考えて見て下さい。
どんな事があっても何があってもこの子を最後まで幸せに出来ますか?
[PR]
by dogspad | 2011-03-21 16:17 | シー太