人気ブログランキング |

一人の小さな手 一人の小さな一歩

dogspad.exblog.jp
ブログトップ

新規の引き出し再開

昨年9月に活動を始めたLPです
皆様の応援のおかげで1年がたちました

当初はラブ好きの有志が
センターに収容され処分されてしまう子たちを何とかできないか・・・・と集い
一人一人の力は小さいけど
みんなの力をあわせれば何とかなるのでは・・・と
団体を立ち上げました

東京を含めて
センターに収容されている大型犬は
個人での引き出しは殆ど出来ません
まれに個人で引き出しできる地域はありますが
それも殆ど数箇所です
団体として登録することが必要です


そこで私たちはLPとして団体登録を含め活動をはじめました
まだまだ発展途上のLPです
1年が過ぎて
預かりは4人に減ってしまいましたが
それでも一匹でも救いたい・・・という当初の志は何も変わっていません


このたびディアの引き出しから3ヶ月ぶりに新規の引き出しが出来そうです
この間諦めた命もあります
それはタイミングといってしまえばそれまでですが
助けて上げられなかった子のことを心に刻みながら
今私たちに出来ることをする
それしか方法はありません


b0207376_22522163.jpg



この子は当初センターに収容されたとき
唸りなどがあり
センター試験に不合格でした
センター試験とは
譲渡に向いているか
センター独自の選抜方法があります
特に東京はその基準は厳しく
私のゴンなら到底試験には合格しなかったでしょう

センターの譲渡基準に満たない子は
そこで命の火が消えます
飼い主持ち込みの子は収容犬情報にさえ載りません
誰にも知られずにこの世から消えてしまいます


この黄ラブも収容期限が過ぎたので殺される運命でしたが
接見に行くまでに処分は待ってもらいました
接見に行って断るのはとても覚悟がいります
それは自分の答えひとつでこの子の命が決まるからです


保護活動は少しの決断で出来ます
少しだけ無理しないと出来ないのも事実です
私が預かりを始めたのも
その少しだけの決断でした
そして預かりを続けるのも
少し無理をしてます
家族の協力も必要です
それでも今まで続けてこられたのは
同じ思いの仲間がいたことです

b0207376_2383028.jpg


この子の名前はメンバーさんでLPの里親さんがつけてくださる予定です
引き出してみないと性格や
病気などはわかりませんが
2週間ほどの隔離で色々わかってくるでしょう
大きな問題がなければ
どなたか預かってみようと思う方はいませんか?


他にも新しく団体登録した横浜動物愛護センターからも
黒ラブ♂を引き出す予定です
この子もベテランのメンバーさんのところでケアされた後
大丈夫となれば預かりが出来ます

預かりさんが増えれば
新しい子を引き出せます
LPの仲間になりませんか??


只今LPでは預かりさん、移送ボランティア募集中です
by dogspad | 2011-09-16 23:03 | 保護犬情報