一人の小さな手 一人の小さな一歩

dogspad.exblog.jp
ブログトップ

嬉しいこと、悲しいこと

みなさんから、絶大なる人気だった福ちゃんですが、
LP始まって以来の、競争率でございました。

希望者さまが沢山いるということは、嬉しい事ですが、
その中から、選ばなくてはならないというのは、苦しくもあるものです。

福ちゃんを通して、今回もまた、数々のすばらしい出会いがありました。
ご縁は繋がらなかったけど、他の子も、検討してくださったり、直接センターまで足を運んでくださった方もいらっしゃいました。
福ちゃんを通して、出会えたすばらしい出会いに、感謝感謝です。

保護犬を助けているようで、
実は、沢山のことを、学ばせてもらっています。
保護犬を通してでないと知り合えなかった数々の出会いに、こころから、感謝の気持ちで一杯です。


モテモテの福ちゃんですが、
あさって、金曜日より、トライアルに入ります。
希望者さまも、準備万端。
とっても楽しみにしてくださっているのが、メールの文面から、手に取るように、わかります。
ほんとに幸せな子だと思います。

その福ちゃんですが、残り少ない女子高ライフを謳歌しておりますが、
我が家では残念ながら、一番下。

上の姉たちに、下僕のように、こき使われています。
ちょっと目立ったことをすれば、しめられ、勝手な行動をすれば、怒られ、
でもそんな怒られながらも、犬社会のルールを学んで、結構楽しそうにやっています。笑

昨日、そんなふくちゃんの、我が家でのポジションを、ものすごーく、忠実に再現している写真が偶然にも撮れたので、
お見せしちゃおっかな~笑

b0207376_21304634.jpg

我が家の黒娘よりも、2歩も3歩も下がっています、
おねえちゃんたちより、前に出て、ねだろうなんて、許されないのです
ワハハ
どの写真をみても、
b0207376_21332847.jpg

控えめ~

希望者さまのおうちへ行ったら、愛情独り占めだおから、もう少しの辛抱ね。

そんな福ちゃん、
小型犬に異常に反応します。小型犬を見ると、立ち上がる、飛ぶ、はねる、ピーピー、ギャンギャン、大騒ぎ。
あまりにガッと行くので、怖くて、
小型犬とすれ違うときは、思いっきり、リードを短くして立ち去るか、
お座りさせて、過ぎ去るのを待つ。
とりあえず、お座りはするのですが、近くを通るときはもう、ダメ。
大興奮

というわけで、無理やり借り出されました。
実家にいる母の愛玩犬。ミニチュアダックスのロンくん。

b0207376_21373751.jpg

福ちゃんの、お勉強のためだけに、拉致られ、連れてこられました。
もう8歳の、おじいちゃんですから、
そして、小さいですが、気が強いです。
我が家の2匹も、ロンくんには、全く、頭があがりません。

どうなるかな~と思って
怖いので一応リードをつけて、ふくちゃんの様子をみていた
b0207376_21403325.jpg

思ったとおり、ものすっごい勢いで、ガサツにガツガツ近づいて行き、コーナーに追いやるも、
こっから、ロンくんの顔が引きつったところで、
b0207376_21424399.jpg

ロンくんの猛攻撃

お構いなしに、近づく福ちゃんに、ゥ~と威嚇。
それでも福子は分かっておらず、あそぼ!のポーズ

ついにキレタ!
福子が鼻を近づけたところで、カッカッ!とロンくんの、歯が、なる

噛みはしないけど、
めっちゃキレテル~!

福子、やっと、
あっ!やばい、コイツやばい!と気が付いた、
おっそ。

あえなく退散。
b0207376_21473422.jpg

初めて、小型犬ならいけるとおもったのに、そうではないと知った福子と、
後ろで、バッカで~と呆れる姉たちの図。

福ちゃん、またしても、お勉強になりましたね。
ふくちゃんのアマガミも相変わらずですが、最近はなんでも、口に入れたい症候群。
人間の赤ちゃんと一緒です。
なんでも口に入れる
くつちゃくっちゃ、ガムの様に。

怖いので、ラテックスのおもちゃは、全部、回収。
今日は、ちょっと目を離した隙に、主人の靴下を、くっちゃくちゃ。

食べなきゃいいんですけどね~、取られると思って、あわてて飲み込んじゃう子もいるので。

そんなまだまだ、未完成の福ちゃんですが、
そんなときも今だけ。
逆にこういう大変な時も一緒に楽しみ苦労して家族になるんだということで、福ちゃんに関しては私、なんも躾していません。なにも、教えていません。ワハハ

犬を飼うって
楽しい事ばかりじゃない
でも、苦労して、いっぱい怒って、ワラって、泣いて、そして、絆がふかくなって、本当の家族になるんだもんね。

今はいまだけ。
今は今を楽しんでくださいということで、福ちゃん、まだまだ未完成ですが、それがいいんです!笑
あさって、よりトライアル、入ります。

素敵な、若いご夫婦です。
福ちゃんが、もういい~と言う位、遊んでくださる事でしょう。

福ちゃん、幸せになってね。
b0207376_2156390.jpg

あなたは、
あなたらしく、いつまでも、甘えんぼの、かわいいヘタレ福ちゃんでいてください。
そして
次あったときはもう、アマガミしないでね。
結構痛いからね、
ふくちゃんに、袖を、アマガミされ、飛びつかれ、ダメにした洋服、、
数枚、、、
長袖が、半そでになる、、、よかった。冬になる前で。笑
b0207376_2213764.jpg

b0207376_225094.jpg







タイトルどおり、
嬉しい知らせの後は、悲しい知らせ。
福ちゃんやユキオくんのいたセンターから、引き出し依頼がきていました。
飼い主持ち込みのイエローラブの女の子。
体高が低くて小柄で、飼いやすい人が大好きな元気な女の子だった。

捨てた人は、13歳と言うけれど、
センターの階段も登ってきたし、嬉しくって垂直とびもしていたし、足腰もまだまだしっかりしていた
とてもとても13歳には見えなかった
多分8歳くらいだと思う

捨てる人は、自己保身の為に、犬が物言えぬ生き物だと思って
色々な言い訳をする
高齢だから貰い手、探したけど見つからなかったとか。

年齢だって、あてにならない
血統書でもおいていけば、証明されるけど、そんなものはない。

性格も◎だったので、
福ちゃんの見通しが立った、今日、センターにもう一度、接見に行く約束をしていた
そしたら、

死んでしまった。
今朝、誰にも看取られず、センターのコンクリートの上で、たった一人で逝かせてしまった

センターの人の話によると、ここ数日元気がなかったらしい
処置をしてくれていたけれど、
今日、職員さんが出勤したら、なくなっていたと。
血液検査をしたら、重度の、肝機能障害だったと。
ここ数日、黄疸みたいなのも出ていたから、処置をしていたんですけどね、と。

遅かった。
間に合わなかった。
言葉がでなかった。
ただただ、ごめんねとしか言えなかった。
飼い主にセンターに持ち込まれて、ショックだっただろう。
犬は、センターがどんな場所かちゃんと、わかっている

温かい布団の上で逝かせてあげたかったな。
たった数日だったとしても、
誰だかわからない人かも知れないけど、一人で、逝かせたくなかったな。
本当にごめんなさい。


助けられる命
限りがあるけれど

助けられた命があって、幸せになる子がいて
その一方で、誰にも、看取られず、ひっそりと死んでいく子がいる
あの子の笑顔が頭から離れない。

犬の幸せは
ただひとつ。
大好きな人のそばにいたい
ただそれだけなのに。



この子の死を無駄にしないためにもまた、明日から、前を向いて頑張るだけ

自分達にできる事は限られているけれど
出来る事を、精一杯、ちょっとだけ無理して、細く長く頑張る
ただそれだけ。













ガッツリ落ち込んで、帰宅したら
こんな嬉しい贈り物が届いていた
いつも、LPを見守ってくださるS様から。
b0207376_22214749.jpg

こんなに沢山の、オヤツ、ご寄付、ウェットシーツ、、、などなど。
そしてこころ温まる手紙。

ジジの分も。涙
ありがとうございます、金曜日にジジのお預かりをしていたメンバーに会うので、ジジに渡してもらうように、お願いしますね。
そして金曜日に、福ちゃんがトライアルに出るので、婿入り道具として持たせます。
日曜日は、ディアのお見合いなので、ディアにも会うので、Sさまからのお気持ちとして、渡しますね

いつも本当に本当にありがとうございます、
これからも、頑張りますので、応援してくださいね。
ありがとうございます。
[PR]
by dogspad | 2011-10-19 22:32 | Fuku(福)